事業計画書

2021.5.11

PDCAサイクルのスピードを上げる!その2

考え方の整理整頓

こんにちは!経営計画書コンサルタントの本村真作です



前回、実行計画の成果を各チームリーダーが

PDCAを用いて報告する会議を行っている。

というお話をしました。



この会議は月に1回行っていて、2年ほど続けているのですが、

最初は、ほぼ全員、PDCAの報告書すらまともに書けませんでした。


成果云々の話の前に整合性がとれていないところを教えて

正しい書き方をアドバイスする。

毎回これだけで会議は時間切れで終了。



こんな感じの事を2年近く行ってきてやっと最近、

全員が整合性のとれたPDCAの報告書を書けるようになってきました。



これは、チームリーダーひとりひとりが「考え方の整理整頓」ができるようになってた。


ということなんですね。




全員のPDCAサイクルが早くなったことにより検証のスピードが上がります。

それは「正解にたどり着くスピードが上がる」という事です。



P=計画も大切ですが、

D=実行が最も大切です。



トップの決定が正しかったのか?行動しないことには答えが出ません。



あなたの作った経営計画書と、検証スピードの速い社員が揃えば

それはもう鬼に金棒です!



経営計画書もまずは作ってみるという経営者の「D=実行」が最も大切です。

会社に経営計画書がないこと自体がそもそも大問題なんです。


最初は立派なものでなくてOKなので、

薄くてぺらぺらな経営計画書からスタートするのが正解です!



作成についてのあなたの困り事は私が全て解決します!



作成についての疑問や困ったことは全て私がお答えします!

ぜひ経営計画書を作ってみませんか?